リフォームを依頼する流れ&良いエクステリア施工業者の見分け方

長く住むと生まれるひずみ!劣化しやすいお家の外構について

外構は、家の外見を思い通りに変えるために役立ちますが、家の外に作られるため劣化しやすいという仕方ない点もあります。特に木材で作られた外構は、見た目はおしゃれなものの、雨水を吸ったり紫外線の影響で腐ったり焼けたりするので劣化しやすいです。

業者選びを慎重にして素敵なエクステリアを作ろう

エクステリア

リフォームしたいと思ったら専門業者へ依頼しよう!

リフォームは、どの部分を行うにしても専門業者に依頼するに越したことはありません。家の配電であれ外構の改装であれ、自分で出来そうに見えても業者に頼みましょう。専門業者は素人よりも確実に上手なリフォームを行ってくれますし、デザインや耐久性を吟味して最良だと考えたリフォームをしてくれます。特にエクステリアは、家の外観に直接関わるものです。費用をケチって見栄えが悪くなるよりも、専門業者にお金を払って美しい外構を作った方が良いでしょう。

庭

専門業者はどう探したら良い?

[PR]
外構や庭のデザインをチェンジ☆
工事は専門業者に依頼すべし!

専門業者へ依頼する際の流れ

家

まずは業者をみつけよう

リフォームを思い立ったら、インターネットや新聞のチラシで、まずは好ましいリフォーム業者を複数探しましょう。

問い合わせで相談してみる

リフォーム専門業者を見つけたら、次は問い合わせです。電話やメールで、打ち合わせや下見の日程を決めます。

見積もり書を出してもらう

問い合わせをし、打ち合わせや下見をしてもらうと、業者からリフォーム完成予定図と見積もり書が送られて来ます。

一番良い業者に施行してもらう

以上の作業を複数社で行うと、業者毎に異なる完成図や見積もり書が手に入ります。これを見比べ、自分の一番良いと感じた業者に施行してもらうのがベストです。

施工完成までの期間は確認しておこう

見積もり書に書かれている施工期間は、工事に何日かかりそうかを詳細な工程表と共に示したものです。これが無い場合、手抜き工事をする悪徳業者の可能性があるので避けましょう。また標準的な施工期間は調べれば分かるので、その期間と比べて明らかに長かったり短かったりしたら、同様に依頼しない方が良いです。

対応の良い専門業者の特徴ランキング

一軒家
no.1

デザインの指示を快く受けてくれる

エクステリアは自分の家の外観ですから、自分で決めたいという人もいるでしょう。そうした人と協力してデザインを決めて行ってくれる業者は対応が丁寧と言えます。

no.2

メールでやり取りできる

打ち合わせや下見のあとも、相談や意見は生まれるものです。それを気軽にメールで相談出来れば、不安も解消されるので利用者に嬉しいです。

no.3

リフォーム中の仮屋を探してくれる

エクステリアの施工とはいえ、リフォーム中はその家に住むのはかなり不自由です。そこでリフォーム業者が仮屋を紹介するという対応をとってくれれば、探す手間が省けます。

[PR]
エクステリア業者を大阪で利用
庭の雰囲気をchange☆

[PR]
地デジアンテナ設置の専門業者
対応価格がリーズナブル☆